野本研究室

野本研究室

研究内容 近年、飛躍的に進歩している情報通信機器には、マイクロ波帯の電波が多く使われています。本研究室では、将来の情報通信の一層の発展を睨み、"独創性"、"超"、"究極"をキーワードとしたマイクロ波ミリ波帯の回路技術、伝送技術などの研究を進めます。

研究室紹介 前期の研修では具体的なテーマの選定と回路設計、システム設計やコンピュータシミュレーションが中心で、後期は実際の物作り(たとえばマイクロ波アンテナ、無線送受信機、スピードガンなど)が中心となります。この研修を通じてマイクロ波ミリ波技術の基礎、物作りの楽しさ、重要性をしっかり学びます。

野本 俊裕 教授 担当科目:電磁気学I、II、 電波工学、電気回路III、基礎エレクトロニクス、情報通信工学実験II
学歴:早稲田大学、早稲田大学大学院
学位:工学博士(早稲田大学、1987年)
おもな職歴:日本放送協会放送技術研究所 無線伝送方式部長、システム部長および研究主幹
研究分野:マイクロ波工学

学生への一言 電波すなわち無線(ワイヤレス)であることの強みは、何といっても送受信機の場所を自由に動かせることであり、移動通信にとって電波は不可欠です。マイクロ波ミリ波帯のデバイス、回路、システムの設計だけでなく、実際に自分オリジナルなものを作ることによって、オンリーワンであることの喜びを味わえるとともに、貴重な体験ともなります。そして夢の実現に向けて一緒に頑張りましょう。

このページのTOPへ