村岡研究室

村岡研究室

研究内容 本研究室ではコンピュータグラフィックス(CG)による自然物・現象のビジュアルシミュレーション法について研究を行っています。 これは、景観シミュレーションや仮想現実感、ドライビングシミュレータ、マルチメディア映像コンテンツなど、さまざまな応用が期待される技術です。 これまでCGは主に人工構造物表現の技術として発達してきたため、自然物・現象の表現ではデータ量や計算時間が膨大で、形や動作の制御も複雑で面倒でした。 このため、形や動作を生成するためのメカニズムを考慮した、少数パラメータで複雑な形状や動作の特徴を表現する方法を研究しています。 この課題についてこれまで、降雪・積雪の表現法、山岳地形の自動定義法、樹木の成長モデル、森林景観の表現法、昆虫や鳥の飛翔モデル等の研究・開発を行ってきました。

研究室紹介 当研究室ではC言語によるCGアルゴリズムのゼミを行い、CGに関する文献の輪読をおこないます。 その後、各自希望するテーマを選び、研究を進めます。 テーマとしては、雪現象の表現法、飛翔生物の表現法、森林の季節感の表現法、雲の表現法、天候現象の表現法、火炎や煙の表現法などを予定しています。研究の中間発表会を何回か行い、最後に卒業論文としてまとめ最終発表会を行います。

村岡 一信 教授 担当科目:アルゴリズムとデータ構造及び同演習、コンピュータグラフィックス技術、情報通信工学実験III
学歴:東北工業大学、岩手大学大学院
学位:博士(工学)(岩手大学、1999年)
おもな職歴:岩手大学 助教授
研究分野:コンピュータグラフィックス

学生への一言 活発な研究室にしていきたいと思っています。新しいことに挑戦する意欲とCGに興味を持っている諸君を歓迎します。

このページのTOPへ