TOPICS

本学科4年生がヒューマンインタフェースシンポジウムで研究成果を発表しました

2019年9月2日-5日に同志社大学今出川校地で開催された ヒューマンインタフェースシンポジウム2019において、 本学科4年生が研究成果を発表しました。
発表タイトルは以下の通りです。

○遠藤 輝人、三浦 直樹(東北工業大学)
 メガネ型ウェアラブルデバイスを用いた没頭感の評価に関する研究
○野口 翼、三浦 直樹(東北工業大学)
 眼電位・脳血流の同時計測に基づく作業の苛酷さの評価

ヒューマンインタフェースシンポジウム2019 ヒューマンインタフェースシンポジウム2019

このページのTOPへ