TOPICS

本学科学生がヒューマンインタフェース学会で研究成果を発表しました

2018年9月5日-7日に 筑波大学筑波キャンパスで開催されたヒューマンインタフェースシンポジウム2018において、本学科3年生が研究成果を発表しました。

発表タイトルは以下の通りです。
○野口 翼、遠藤 輝人、三浦 直樹(東北工業大学)
 メガネ型ウェアラブルデバイスを用いた二重課題時の認知負荷推定に関する研究
○遠藤 輝人、菅 真由子、三浦 直樹(東北工業大学)
 メガネ型ウェアラブルデバイスによる作業記憶課題時の集中状態の推定

ヒューマンインタフェースシンポジウム2018@筑波大学2018.9.5-7 ヒューマンインタフェースシンポジウム2018@筑波大学2018.9.5-7

このページのTOPへ