TOPICS

本専攻の大学院生と本学科学生が平成30年東北地区若手研究者研究発表会で優秀発表賞を受賞

平成30年2月24日に、東北学院大学多賀城キャンパスで開催された 平成30年東北地区若手研究者研究発表会において、 本専攻の大学院生ならびに本学科の4年生が優秀発表賞を受賞しました。
受賞した発表は以下の通りです。


YS30-2-3-2 相関係数の発生確率に着目した定点観測トラヒックの分析
  -観測タイムスロット幅の影響-
 ○間山 航平(東北工業大学)、角田 裕(東北工業大学)
YS30-3-2-3 印刷耐性を有する電子透かしの埋め込み方法の提案
 ○石山達也、河野公一(東北工業大学)
YS30-P-1-36 シグナルジェネレータを用いる周波数ホッピング伝送実験
 ○佐藤宏哉、藤澤宏哉、工藤栄亮(東北工業大学)
YS30-P-2-23 双正方板リンク型リニア超音波モータの間欠駆動による速度可変の実験評価
 ○高谷峻弘、田村英樹、高野剛浩(東北工大)

 ○は発表者

表彰者一覧(pdf)

平成30年東北地区若手研究者研究発表会:於 東北学院大学多賀城キャンパス 平成30年東北地区若手研究者研究発表会:於 東北学院大学多賀城キャンパス
発表風景

※東北地区若手研究者研究発表会は、東北地区の大学・高専・企業から学生・大学院生・若手研究員が集まり、最近行った音・光・電波・エネルギー・システム ・ 材料とその応用に関する調査・研究の報告、あるいは、新しい手法の紹介、ならびに、実験結果の報告を行うものです。 本学科・本専攻からは、毎年多くの学生・院生が卒業研修や修士論文の成果を発表しています。

このページのTOPへ