TOPICS

本学科の大学生サイバーボランティア活動に警察庁から感謝状が贈呈されました

本学科の角田研究室の学生が行っている大学生サイバーボランティア活動に対し、 警察庁情報技術犯罪対策課長より感謝状が贈呈されました。

2017年12月20日に 宮城県警察サイバー犯罪対策課長が 警察庁情報技術犯罪対策課長の代理として本学を訪れ、 学長・学科長陪席のもと、学生の代表者に感謝状が手渡されました。 これは、児童被害防止を目的としたコミュニティサイト上の有害な情報の 通報活動が評価されたものです。 本研究室では自動通報のプログラムも開発し、 他大学からも使用したいという希望が寄せられているなど、 貢献が顕著であるとのことでした。

同研究室4年生の間山航平さんは「先輩が作ってきたプログラムを精度を上げるように改良し、通報の部分を自動化しました。」斎藤敬太さんは「あまり実感はなかったのですが、県警の方に活動を認めて頂いて嬉しく思いました。社会の役に立っているのかなという実感が少し湧いてきました。」と語ってくれました。

また同時に、本学科で教鞭をとられた小島正美名誉教授が代表を務める 特定非営利活動法人 地域情報モラルネットワーク も感謝状を受けられました。

なお宮城県警では、サイバー捜査官をはじめ、60名を超える本学OBが活躍されているそうです。

2017/12/20情報通信工学科角田研サイバーボランティア活動に警察庁から感謝状 2017/12/20情報通信工学科角田研サイバーボランティア活動に警察庁から感謝状

関連記事

このページのTOPへ