TOPICS

資格取得がさらに有利になりました(第一級陸上無線技術士)

本学科は平成25年8月29日に総務大臣より 国家試験の一部免除認定校 の認定を受け、所定の科目(※)を履修して卒業した方が、 当該卒業の日から3年以内に実施される無線従事者国家試験において 「第一級陸上無線技術士」 を受ける場合は、申請によって 試験科目の一部(「無線工学の基礎」「法規」「無線工学A」「無線工学B」のうち、「無線工学の基礎」)が免除されるようになりました。
平成24年4月入学、平成28年3月卒業者から適用されます。

(※) 数学への旅、 解析演習Ⅰ、 解析演習Ⅱ、 代数・幾何概論、 電気数学、 統計解析、 コンピュータ数値解析、 コンピュータ数学、 物理への旅、 物理学Ⅰ、 物理学Ⅱ、 工学基礎物理実験、 光通信工学、 電磁気学Ⅰ、 電磁気学Ⅱ、 電気・電子計測、 電波工学、 通信システムⅠ、 通信システムⅡ、 基礎エレクトロニクス、 電子回路Ⅰ及び同演習、 電子回路Ⅱ、 電気回路Ⅰ及び同演習、 電気回路Ⅱ及び同演習、 電気回路Ⅲ、 論理回路、 情報通信工学実験Ⅰ、 情報通信工学実験Ⅱ、 情報通信工学実験Ⅲ

無線従事者(陸上)は、 主として陸上の無線局の無線設備の技術的な操作を行うための資格であり、 第一級陸上無線技術士は、放送局、電気通信業務用等の固定局、無線測位局等 すべての無線局の無線設備の技術的な操作を行うことができます。

東北地方で科目免除対象となっているのは東北大学と本学科だけとなっています ( 総務省 東北総合通信局 国家試験の一部免除認定校とは(PDF:86KB))。

なお、 「第一級陸上特殊無線技士」 「第二級海上特殊無線技士」 「第三級海上特殊無線技士」については、 本学は既に「科目確認校」に認定されているため、 所定の科目を履修して卒業した方は、国家試験を受けることなく、申請により 免許を受けることができます。

取得できる資格のページはこちら

このページのTOPへ