TOPICS

本専攻の大学院生の論文が国際会議で発表されました

本専攻前期博士課程(修士)卒業の小松直之さん(現:株式会社TTK)の論文が、 2012年7月22日-27日にドイツ ミュンヘンで開催された国際会議 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2012の Image Information: Environmental and Hazard Applicationsのセッションにおいて 発表されました。

本人はすでに就職しているため、大学院在学中に指導にあたった河野公一准教授が 他1件とともにポスター発表を行いました。

発表タイトルは以下の通りです。
Koichi KAWANO and Naoyuki KOMATSU, "FIRE ANALYSIS OF THE RUSSIAN FAR EAST IN THE PASSED SEVEN YEARS"
(発表セッション: Image Information: Environmental and Hazard Applications )

Izumi NAGATANI, Jun-ichi KUDOH, Koichi KAWANO, "A NEW TECHNIQUE FOR VISUALIZATION OF FOREST FIRE SMOKE PLUMES USING MODIS DATA"
(発表セッション: Image Registration and Enhancement )

Koichi KAWANO and Naoyuki KOMATSU, at IGARSS2012,Munich,Germany

このページのTOPへ